保湿力はどうすればあがるの?

保湿力はどうすればあがるのでしょうか。

保湿力をあげるために水分補給は不可欠になります。

その名の通り、化粧水や美容液で足りない水分を補います。そして、その水分を保つことがポイントになります。乳液やクリームなどで、水分を蒸発しにくくしないといけないのです。

保湿力をあげるために、化粧水か美容液くらいまでをイメージすると思うのですが、本当に保湿力をあげるためには、乳液やクリームなどの機能は欠かせません。

補給した水分を逃がさず、しっかりとキープしておくと、保湿力はあがるのです。

保湿力がキープしているのかをどう確認すればいいのか、それは朝起きたときの肌の観察です。前の晩のお手入れで与えたうるおいが、どの程度キープできているかをチェックするといいでしょう。

体調と同じで、肌の調子も日々変化しています。寝る前まではあんなにうるおっていたのに、たった一晩で肌がカサカサになってしまった…こんなことを感じたら、与える水分が少なかったか、与えた水分が夜のうちに逃げてしまったかのどちらかでしょう。

お肌のお手入れは、毎日続けていくことが大切です。

簡単なようでこの“続けていく”ということがなかなか厳しいのが現実です。しかし、若いうちから保湿力を上げていけば、数年後のエイジングケアがぐっと楽になるでしょう。

uluhana